VISION

MESSAGE

お客さまは、当然ながら気に入った“物件”から住まい探しを開始しますが、最終的な意思決定は、“物件”だけで決めません。 住まい探しをするプロセスの中で、“会社”“担当スタッフ”を最終意思決定理由に挙げています。
具体的な数値で見てみると、“物件”が22%ですが、 “会社”、”担当スタッフ”は38%と“物件”を大きく上回ります。

住まい探しを開始し、気に入った“物件”を取り扱っている不動産会社のホームページの閲覧目的のうち 95%は、“物件”“会社の評判”“スタッフ情報”というデータも出ています。

デジタル化によってお客さまが豊富な知識を有し、不動産会社との情報ギャップはどんどん埋まっていくと言われています。 そんな時代においても選ばれる会社は、お客さまの声に耳を傾け、向き合い、 寄り添える会社だと考えます。

REALVOICEは業務効率化の貢献だけでなく、お客さまの声を集め、 明日の事業や人材育成に活かして頂くことが存在価値だと考えています。

今日も多くのユーザー満足度向上に、REALVOICEが役立ちますように。
今日も私たちは挑戦を続けてまいります。